top of page

今日の朝霞聖書教会

「アブラムは主を信じた。それで、それが彼の義と認められた。

創世記15章6節」


今日の朝霞聖書教会の礼拝説教は、創世記15章1〜6節から。


長い間、子供が与えられなかったアブラム&サラ夫妻。


当時、子孫がいないということは、お家断絶の危機です。。。


アブラムは、苛立ちともとれる不安を神様に祈っています。(2,3節)


そんなアブラムを、主は外に連れ出して、


「さあ、天を見上げなさい。星を数えられるなら数えなさい。・・・あなたの子孫はこのようになる。(5節)」


と言われます。


そして、アブラムはその主のことばを信じ、それが彼の義と認められるのです。


「信仰義認」のひな型が、ここにあります。


弱さや欠け、罪があるまま、ただ信仰によってのみ、神の前に義とされる!驚くべき恵みなのです。


そして、その信仰も、主が与えてくださるものです。


主が与えてくださる信仰と義を、素直に受け取りつつ、今週も日々を生かされたいですね!

11 views0 comments

Recent Posts

See All

☆今週の予定

♫ 祈祷会 5/15(水) 午前10時30分〜11時30分 聖書からのメッセージ&お祈り ♫ 婦人会 5/16(木) 午前10:30〜11:30 聖書の学び&交流会 ♫ 親子のつどい「オリーブ」 5/17(金) 午前10:00〜12:00 親子のためのフリースペースです お父さん&お母さん、一緒におしゃべりしましょう! 子供のためのオモチャも用意しています(*^^*)

りんじんまつりのスキット練習♫

朝霞聖書教会では、2024年6月16日(日)に、「りんじんまつり」というおまつりを企画しています! 今日は、そこで上映予定のスキット動画を撮影しました 「りんじんまつり」の名称の元となっている聖書のみことば「あなたの隣人(となりびと)を自分自身のように愛しなさい。ルカの福音書10章27節」を説明する例え話のスキットです りんじんまつりに、ぜひ遊びに来てくださいね!

テスト

これは試験的なブログです。

Comments


bottom of page